歴史のあるどろあわわの、兄弟版のくろあわわ。

話題の成分等も含まれていることもあり要注目ですが、簡単に解約できるのかが気になりますよね?

よくあるしつこい勧誘や営業の電話などが鳴り響くのか?

留守電でスルーするにしても、着信を無視するにしても、連絡が。あるだけでウザいですからね。

電話で解約したりする時も、変な引き止めがあるのかも気になるところです。

くろあわわの解約・休止方法は超簡単!

くろあわわの解約方法はシンプル!s

電話、FAXまたはメールで、発送の10日前までに連絡することです。

以上!

当たり前ですが、名前、電話番号、解約理由を聞かれますが、変に引き止められたりはありません。

オペレーターや解約理由によっては、少し別の商品も提案されるかもしれませんが、あってもその程度です。

10年以上どろあわわを販売してきてますから、その辺りはしっかりしてますよ!

ちなみに、2ヶ月に一度とかくらいは、キャンペーンのお知らせがある場合もありますが、まぁその程度はよくありますよね。

なので、安心して購入して大丈夫です。

ただし!!!

フリー定期でないと、いつでもやめられませんので、そこだけは注意です。

6ヶ月定期だと、14155円の支払いが必須になりますから。

初めて使うので不安という方は、必ずフリー定期で購入してください

フリー定期ならリスク最小限かつ、激安価格で使える方法がありますので!

フリー定期でコスパ高く使用する方法とは?

フリー定期ならいつでもやめられるので、リスクが低いことはお伝えしましたが、

くろあわわをコスパ高く利用する方法をご存知でしょうか?

それは、

泡立てないことです!!

3cmほどのくろあわわを使用するメーカーの使い方ではなく

1cmを泡立てずに、水で伸ばして普通に洗顔することです。

シーズンが変われば肌も変わりますので、私はフリー定期での継続をおすすめします。

でも、

こう書くと「泡立たないち毛穴の汚れが!」などの反論が来るんですよね。

1cmで直塗で本当に効果出るのか?

それは問題ないです。というか、泡立てはただ気持ちいだけで、効果は変わりません。

くろあわわで泡立ちは意味ないどころか、お金を捨てているのと同じ!

これまで散々書いてきた通り、泡立ては汚れ落ちとは関係ないことがは専門家も指摘してます。

しかし、泡が立つからと言って、汚れがよく落ちるわけではありません。

(中略)

このように汚れ落ちには直接関係ない泡ですが、「泡の洗浄剤」を使用することで得られる利点があります。
手洗い石鹸などは、ポンプから泡が出れば、泡をわざわざ泡立てる必要がなく、子供でも簡単に使用することができます。

出典:「洗浄と殺菌のはなし」

また、この他にも、壁などの垂直面では泡のほうがそこに留まりやすいということも言及されてますが、

しかし、こと洗顔においては、バスマジックリンやように泡がその場に長時間張り付く必要性はありませんし、むしろそんなことしてたら、どんどん必要な皮脂まで取られてしまいますよね?

まだ、無駄なく使用できるというのは、くろあわわに関しては全く当てはまりません。

なぜなら、泡立て膨張させることで、有効成分が薄まってしまうからです。

本当に?と思った方は下記画像を見てください。↓

くろああわはこんな真っ黒なクリーム状の洗顔料が出てきます。

それが泡立てるとどうなるか?↓

ちょっと、ライトの関係で白く見えてしまってますが、跡形もないほどに、色が薄くなっていますよね?

それもそのはず、親指の第一関節くらいの分量が、泡で何十倍にも膨張してますから!

くろあわわは、着色料などは使用してません。

つまり、あの黒いのは泥炭やヤシ殻活性炭の成分なわけですが、それがこんな風に薄くなってしまうと

さらに!!

これも何度も書いてますが、あの泡立ちの正体は何か分かりますか?

まさか、天然泥のペントナイトや活性炭、保湿成分などが泡立つわけないですよね?

では何が泡立っているのか?

それは石けん成分です。

激安価格で売ってる固形石鹸と同じような石けんを、ただただ泡立てているのと同じです。

弾力のある泡が強調されますが、あれはミスチリン酸やステアリン酸などの石鹸成分の配合次第で変えることができるんです。

ただそれだけです(笑)

なのにせっせせっせと泡立てている。

全く泡立ちに関係ないくろあわわの主力成分達は、あの泡の中で「この人は何がしたいんだろう?」と思っているわけです。

その泡で優しく転がすように洗ってたら、その主力成分の多くはふわふわと漂って排水口に旅立ちます。

おかしくないですか?

泡で汚れがより落ちるなんて、論文も研究もどこにもありません。

一部の書籍のほんの1ページででサラリと否定されてます。

研究にも値しない当たり前のことなんでしょうね。

泡でないと肌が傷つく・・・・という都市伝説

ここまで書くと今度は、

「泡立てないと、洗顔の際に肌が傷つくから」

なんてことを言う人も出てくるかと思います。

これについても何度も書いてますが、皆さん寝ている時にシーツとか、枕にお肌をこすってません?

ず~っと仰向けでいる人なら分かりますが、6時間とか長時間寝ているなら、まずありえませんよね。

寝返りを打たないと、褥瘡(褥瘡)になりますから。

つまり、皆さん例外なく肌をこする可能性が高い。

なのに!!

それなのに、なぜ寝るときのことは気にしないんでしょうか?

洗顔料を遥かに凌駕する摩擦が起きる可能性が高い=寝ているときです。

その対策をしないのに、洗顔料というスーパーマイルドな摩擦は気にするというのは、どう考えてもおかしいですよね?

というか、皆さん間違いなく、6時間以上睡眠時間のどこかでをベッドや布団にお肌をこすってますからね・・・・・

それで、何も肌に起きてないんだからそれが答えです。

確かにお顔の肌はデリケートだけど、そこまでヤワじゃないんですよ。

手で塗り伸ばしたくらいなら、ま~ったく問題ないわけです。

こういうい意味からも泡立ちは不要です。

結論:くろあわわに泡はいらない!時間の無駄無駄無駄!

ごちゃごちゃと書きましたが、

少なくとも、皆さんはその泡立ちと汚れ落ちの根拠を知らないのではないでしょうか?

つまり、

なんの根拠もないのに「泡よ!泡だ重要なのよ!」と決めつけて、都市伝説化しているわけです。

だから、くろあわわのメーカーさんも、振り向いてもらいたくて、とにかく一度でいいから使ってもらいたくて、泡で推してくるうわけです。

泡がないとダメだと思いこんでいる人には、泡立たない洗顔料なんて選択肢から除外されてしまうわけです。

要するに、多くの人に使ってもらうキッカケとしての泡でしかないんですよ。

確かに、気持ちいいですけどね。弾力泡・・・・・。

私も毎日毎日、ネットを擦り切れさせては捨て、日々素晴らしい泡立ちを実現させてくれるネットや洗顔料探す・・・・なんて、愚かなこともしていたわけです。

でも、目的は泡じゃありません!(当たり前)

それなりの金額支払って使用するんだから、コストパ高く、時短で効果的に使用して、お肌を良い方向に導くことが目的なはず。

気持ちいい泡に癒やされている場合ではないのです!(笑)

ですから、皆さん泡信仰をそろそろやめませんか?

純粋にくろあわわのせっけん以外の魅力的な成分に注目してください。

それは、天然クレイであり、泥炭であり、黒砂糖エキスや豆乳発酵液などなわけです。

これらについてはコチラでも書いてますが、
⇒くろあわわの毛穴の開きへの効果は?黒ずみに効く意外な成分とは?

これらが、素晴らしい働きをしてくれるんで。

彼らを泡の影に隠すことなく、主役として使ってあげてください!!!

じゃないとくろあわわの意味がないんで!!

・・・とはいってもですね。

そんな効果的ではない、コスパも低いやり方で使用しているのたほとんどの人。

それでも評価が高いということは、くろあわわが優秀ってことではないでしょうか?

ということで、フリー定期のくろあわわならいつでもやめられますので、お試しと思って挑戦してみてください!

→【関連記事】くろあわわの毛穴の開きへの効果は?黒ずみに効く意外な成分とは?

→【泡なし洗顔の決定版】泡立て不要で、そのまま使える最強洗顔料はこちら